Citroen e-Relay 2022:仕様、価格、リリース日

シトロエンは、同社の広範なe-LCV範囲を補完する、新しい電気LCVe-Relayを発売しました。シトロエンはフルスペックのエンタープライズトリムで独占的に利用可能であり、そのリレーバンの範囲で完全な機能を可能にします。


下書き

シトロエンe-リレーのデザインは、バンの外観の基礎を形成します。大きなフロントガラス、スリムなヘッドライト、黒いプラスチックのバンパーがバンの前面を形成しています。それ以外の場合、e-Relayは、パネルバン、ステーションワゴン、シャーシの3つのボディスタイルで利用できます。これらのそれぞれは、独自の長さ構成も取得します。

パネルバンはL2(5,413 mm)、L3(5,998 mm)、L4(6,363 mm)で利用できますが、シャーシキャブはL3形式で利用でき、ウィンドウバンはL4の長さでのみ利用できます。 e-Relayの積載量は15立方メートルで、ペイロードは1,150kgです。バッテリーパックはバンの床下に配置されており、バンのスペースを最大限に活用できます。

パワートレイン

ここでのオプションは、トランスポーターのサイズに制限されています。パネルバンは、L2バリアントで利用可能な唯一のバリアントであり、37kWhバッテリーパックを備えた唯一のボディバリアントになります。このバッテリーパックは、フル充電で73マイルのWLTP認定範囲を達成します。他のボディスタイルと長さも利用可能で、37kWhのバッテリーと70kWhのバッテリーパックの間のオプションがあります。大きい方は、長さL3およびL4で139マイルのWLTP範囲に対応できます。



✓次のことも確認できます。

ロード

Citroen e-Relayには、タイプ2充電ケーブルが標準装備されており、最大22kWをサポートします。 7kWのウォールボックスは、37kWhのバッテリーをゼロからフルまで充電するのに6時間かかります。同様に、70 kWhのバッテリーは、0〜100パーセントの充電に12時間必要です。どちらのバッテリーパックも、50kWの急速充電テクノロジーをサポートしています。


特徴

前述のように、e-Relayはエンタープライズトリムでのみ利用可能で、5インチのタッチスクリーンインフォテインメントシステム、衛星ナビゲーション、DABラジオ、および範囲やバッテリー充電レベルなどの主要な車両情報を表示する新しいバックミラーを提供します。

価格

シトロエンe-リレーの費用は69,335ユーロから。さらに、全電気駆動列は、e-Relayが混雑と超低排出ゾーン料金から免除されることを意味し、フリートとビジネスのさらなる節約を可能にします。




  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)