キュプラ生まれ2022年:仕様、価格、発売日

シートとして始まり、el-Born(バルセロナの近所の名前)と呼ばれていましたが、Cupraになり、他の市場で識別しやすくするために名前を簡略化しました。それがCupraBornの主張だからです   :征服すること、征服すること、そして征服すること。ここからのもの、さらには対蹠地からのもの(2022年にオーストラリアに上陸する予定です)。

この4.32メートルの長さの電気コンパクトカーは、Cupraを世界中の他の多くの市場で知られるようにするでしょう。そして、その起源であるスペインで電気自動車の先駆けとなる人物です(ただし、ここでは製造されていません)。  キュプラ生まれ2022年には、  最初に大なり規模なスペイン語電気自動車…それがこれまで以上に野心と(今年の最後の四半期に)市場に当たります。


シートとして始まり、el-Born(バルセロナの近所の名前)と呼ばれていましたが、Cupraになり、他の市場で識別しやすくするために名前を簡略化しました。それがキュプラ生まれの主張だからです:征服すること、征服すること、そして征服すること。ここからのもの、さらには対蹠地からのもの(2022年にオーストラリアに上陸する予定です)。

この4.32メートルの長さの電気コンパクトカーは、Cupraを世界中の他の多くの市場で知られるようにするでしょう。そして、その起源であるスペインで電気自動車の先駆けとなる人物です(ただし、ここでは製造されていません)。キュプラボーンはスペインで最初の大規模生産電気自動車になります…そしてそれはこれまで以上に多くの野心で市場に出回っています(今年の最後の四半期に)。


フォルクスワーゲンID.3の上

論理的にはフォルクスワーゲンID.3の「スペイン語版」ですが、写真を見ると大きく変わっていることがわかります。美的に、それは彼の兄弟に重要な「役割」を与えます。新しいフロントは、丸みがなく、よりアグレッシブで、はるかにシャープで、より多くのキャラクターを与えます。

横から見ると、   Cupra Born  は大きな20インチホイール(18インチ標準)と非常に目立つサイドスカートでスコアを付けています…そして後ろに行くと、すべてのバージョンで大きなリアディフューザーが見つかります。さらに、シートファミリーの特徴である水平に取り付けられたテールライトを備えた車の仕上げは、口の中に非常に良い美的味を残します。


✓次のことも確認できます。

スポーティな室内気候

内部で生まれたものがすでに性格を示している場合、同じことが内部でも起こります。ドアを開けると最初に気付くのはバケットシート(海から直接集められた再生プラスチックを含む)です。


フォルクスワーゲンに関しては、Cupraがそのバージョンをより慎重に扱っていることもここでわかります。色のアクセント(詳細は銅、ダッシュボードパネル、ルーフ、ドアパネルは青)に加えて、装飾要素を備えたグレーのセンターストリップ、カバー付きのセンターコンソール(フォルクスワーゲンよりもはるかに優れています)もあります。シートと同じ素材、またはコンバスションキュプラと同じスポーツステアリングホイールで覆われています。

もちろん、「構造的」要素は保持されます。たとえば、デジタルインストルメントパネルの右側の領域にある制御棒でモードDまたはBを選択します。後者は保持を強化します。これは必要なときに残されます。エネルギーを取り戻すためにこの要素で遊んでください。


多くのバリエーションを持つ品揃え

予想通り、技術分野ではID.3と大きな違いはありません。Bornシリーズは、3つの電気モーター(150、204、および231 hp)と3つのバッテリー容量(45 kWh、58 kWh、および77 kWh)を含むように拡張されます。そして、パフォーマンスの基準として、6.6秒で0から100 km / hまでの加速。

最もアクセスしやすいバージョン(150HPと45kWhのバッテリー)は350 kmの初期範囲を提供します(このセクションのデータはまだ予備です)が、204HPモーターと58kWhバッテリーの組み合わせはすでに420になります。

ここから、ID.3でBorn専用の新しい領域に入ります。e-Boostパッケージを追加することができます。これは、追加の20 kWの電力を提供し(したがって、231 hpにジャンプします)、58 kWhのバッテリーを維持し(パフォーマンスが向上し、自律性は実質的に変化しません)、さらにブレーキとタイヤ19 “。この構成にRangeパッケージ(バッテリー容量を77 kWhに増やす)とともにe-Boostパッケージを追加すると、500 kmの範囲(545)はスキップされます。

キュプラ生まれのバージョン

  1. 150HPエンジン-45kWhバッテリー-350km自律性
  2. 204HPエンジン-58kWhバッテリー-425kmの自律性
  3. モーター231HP-バッテリー58kWh-自律性420km
  4. モーター231HP-バッテリー77kw / h-545kmの自律性

キュプラは現時点でそのボーンの正確な充電時間を示していませんが、最大125 kWの電力を許可することを発表しているため、急速充電でわずか7分で使用できる十分なエネルギーを回収できますおよび35。百キロを移動するために私達は私達のバッテリーの容量の5%から80%に行くことができました。

シャーシ

これを確認することはできませんでした-それを証明するためにもう少し待つ必要があります-しかし、Cupraの連中は、Bornが路上でも彼の攻撃的な表情を捉えることを私たちに明らかにしました。

キュプラ生まれ2022年には  スペインのブランドのモデルの特定のセットアップでダイナミックシャシー・コントロール(DCC)を持つことになります。さらに、フォルクスワーゲンID.3と比較して、フロントアクスル(-20 mm)とリア(-15 mm)の両方で高さが低くなっています。

安定性制御のためのESCSport機能もあります。これにより、パイロットは「もっと遊ぶ」ことができ(分離することもできます)、4つの事前定義された運転モード(範囲、快適さ、個人…)に従って生まれたキャラクターを構成できます。また、最もスポーティなキュプラ(最も強力なバージョンで追加の20 kWをリリースし、合計で231 hpになります)。

キュプラ生まれの機器

接続性は、Bornを提供する上で最も重要な要素の1つになります。中央の12インチスクリーンと組み合わせたデジタル時計の写真をすでに撮りました(すべてのバージョンで標準であり、Formentorに似ています)。

私たちが見つける最も興味深い詳細の中には、拡張現実ヘッドアップディスプレイ(フロントガラスのより広い領域に情報を投影する)、モバイル接続システム(AppleまたはAndroidのいずれか)ワイヤレス(これもBeになります)がありますケーブルなしで充電するプラットフォーム)または音声アシスタント。これにより、機能を口頭で処理でき、非常にスペイン語の「Hello、Hello」でアクティブになります。

支援システムの中でも、誤って車線を離れることを防ぐアシスタントとサイドアシスタントを組み合わせることで、高速でも部分自動運転を楽しむことができるアクティブクルーズコントロールについて言及する必要があります。

Cupra Bornは、信号機リーダー、出口アラーム(ドアが開いたときに車両、歩行者、またはサイクリストが来た場合)のプリコリジョンシステムも提供します…

全体的に、そしてまだ静的で、Bornは私たちに心地よい気持ちを残しました。たくさんのパッケージが入った車です。大きなホイール、フロントの再解釈、そして非常にアグレッシブなリアは、燃焼エンジンに最適な外観を与えます。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)