メルセデスベンツEQS2022:技術データ、価格、リリース日

一連の予備的なティーザーの後、メルセデスはついに完全に電気の贅沢なリフトバック、メルセデスEQS2022を発表しましたノベルティは、通常のSクラスが伝統的なセダンであるのに対し、大きなトランクリッドを備えた正確に5ドアのデザインを受けました。電気自動車の強みは、最新のモジュラーシャーシであり、空力、高度な電子機器、2つのドライブ構成の観点から最適化されたボディです。メルセデスEQS2022のシリーズコピーの組み立ては、ジンデルフィンゲン工場で開催されます。


実行と寸法

可能な限り最高の流線型のボディ形状を実現するために、開発者はリフトバックにくさび形のプロファイルを与えました。彼らはまた、フレームレスドア、格納式ハンドル、空力的および音響的に最適化されたミラーハウジング、および特別な19〜21インチのリムを車に装備しました。車のアンダーボディは、乱気流を避けるために可能な限り滑らかに作られました。その結果、これらおよびその他の最適化により、0.20という信じられないほど低い抗力係数が可能になりました(Sクラスセダンでは0.22です)。

前面の中心的なデザイン要素は、中央に大きな3つの尖った星が付いた黒いパネルグリルです。側面にはヘッドオプティックブロックがあり、ナビゲーションライトの薄いストリップで接続されています。このモデルには強力なLEDヘッドライトが標準装備されており、道路に追加情報を投影できる数百万のマイクロミラーを備えた革新的なデジタルライトテクノロジーがオプションとして利用できます。

新しいメルセデスベンツEQSの背面は、丸みを帯びた輪郭と、立体的なスパイラルの形をしたランタンのオリジナルのグラフィックが特徴です。フロントと同様に、リアの光学系はボディの幅全体にわたって連続したバンドで伸びています。


電動メルセデスリフトバックは、長さ5216 mm、幅1926 mm、高さ1512mmです。従来の4ドアSクラスとのサイズの違いはごくわずかです。

✓次のことも確認できます。


インテリアと設備

基本バージョンとオプションバージョンのメルセデスEQSのフロントパネルのレイアウトは大きく異なります。標準として、通常の「eski」と同じ構成が使用されます。ドライバーの前にデジタルで整頓された12.3インチ、センターコンソールに12.8インチの背の高いタッチスクリーンがあります。この構成は、基本機能にすばやくアクセスするための物理ボタンの存在を提供します。


ダッシュボード(12.3インチ)、メディアセンター(17.7インチ)、助手席用インフォテインメントシステム(12.3インチ)の3つのディスプレイを1つのガラスの下に組み合わせた、自己学習型の複雑なMBUXハイパースクリーンを追加料金で利用できます。最後の2つの画面は、見る角度や照明に関係なく高コントラストを提供するOLEDテクノロジーで作られています。8コアプロセッサは「ハイパースクリーン」の操作を担当します。センサーに触れるたびに反応(クリックまたは振動)が発生します。


電気自動車の機器には、ヘッドアップディスプレイ、リモートコントロール機能付きの電気ドアドライブ、2つの部分からなるパノラマルーフ、15個のスピーカーを備えた710ワットのバーメスター音響も含まれます。2つの11.6インチスクリーン(前部座席の後ろに取り付けられている)と彼ら自身の取り外し可能なタブレットが後部の乗客のために用意されました。暖房、換気、マッサージプログラムはすべての座席でご利用いただけます。リフトバックには、第2レベルのオートピロットドライブパイロットやインテリジェントパークパイロットの自動駐車場など、多数の電子アシスタントがあります。車のトランクには610〜1770リットルの貨物が収納されています。

仕様メルセデスEQS2022

メルセデスの電気旗艦は2つのバージョンでデビューします:

  • Mercedes-Benz EQS 450+:リアアクスルに333hpおよび568Nmの電気モーター、容量107.8 kWhのトラクションバッテリー、WLTPサイクルでのパワーリザーブ-530 km、「数百」までの加速時間-6.2秒、トップ速度-210km / h;
  • Mercedes-Benz EQS 580 4Matic:合計出力523 hpの2つの電気モーター(各車軸に1つ)。855 Nm、バッテリー107.8 kWh、充電なしの走行距離-約500 km、停止状態から100 km / hまでの加速-4.3秒、最高速度-210 km / h。

リフトバックには400ボルトの電気システムが装備されています。標準の充電器を使用すると、従来の単相および三相ソケットからバッテリーエネルギーを再充電できます。最大200kWの出力のDC端子に接続することもできます。この場合、走行距離はわずか15分で300km増加します。

電気自動車にはエアマチックエアサスペンションを標準装備し、フロアクリアランスは35mm(ボディは開始位置から25mm上昇または10mm下降)の範囲で調整可能。基本パッケージには、4.5度回転する後輪を備えたフルステアリングシャーシも含まれています(追加料金で角度を10度に増やすことができます)。

メルセデスEQS2022のリリース日と価格

このモデルは秋にヨーロッパ市場に投入されます。価格と構成は後で表示されます。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 声, 平均: 5 に 5)