日産ノート2022:仕様、価格、発売日

ますます多くの自動車ブランドが現在、新しい有望な市場セグメントを開拓するために戦っています。日産はそれから離れず、日産ノートクロスオーバー2022 -クロスフォーマットの「ゼロ」の終わりからのベストセラーの第3世代。 「ラクーン」の民間バージョンとの視覚的な違いに加えて、新しいモデルは技術的なコンポーネントに違いがあり、操作オプションをわずかに拡張し、また少し快適なインテリアを備えています。残念ながら、この車は日本市場専用に「研ぎ澄まされている」ので、スタイリッシュで明るいクロスオーバーは他のどこにも期待できません。


写真だけでも、クロスハッチは美しくモダンな車に分類できます。現代のファッションの最高の伝統は、滑らかな輪郭と残忍な要素の組み合わせでここに表現されています。これには、体の周囲全体に強力なプラスチック製のボディキットが含まれています。さらに、新しいボディは興味深い照明、空気取り入れ口の要素、そして曖昧であるがオリジナルのレリーフを示しています。

日産ノートクロスオーバー2022のフロント部分が最も面白く見えます。これは中程度の高さに設定されており、長さが短いにもかかわらず、幅が広いように見えます。この印象は、急傾斜の大きなフロントガラスが、縁に浮き彫りが施された傾斜したボンネットに溶け込んでいることによって生み出されています。銃口の主要部分には、高品質のLEDが充填された大きなくさび形のヘッドライトと、デイタイムランニングライトのダッシュが含まれています。下から、照明装置は3Dパターンで吸気グリルの巨大な台形に焦点を合わせるクロムストリップによって「サポート」されています。キットには、ナンバープレート用のプラットフォームと、エッジにフォグライトが付いた三角形のスロットに加えて、エンジンコンパートメントへの空気アクセス用の別の台形が付いた大きな黒いプラスチックインサートが含まれています。

再スタイリングは、ノベルティのサイドパネルに少し影響を与えませんでした。屋根の丸みを帯びた形状は、ほとんど目立たない黒いルーフレールと、柔らかな輪郭の大きな窓によって強調されています。それらは薄いプラスチックフレームと広いポストで涙の形に組み立てられます。以下は、巨大なスタイリッシュなディスクを備えた敷居と円形のホイールアーチの保護層に載っているほとんど滑らかなレリーフです。他の興味深い要素の中で、細い脚の丸い鏡、わずかに突き出たドアハンドル、強化された敷居に注目する価値があります。


✓次のことも確認できます。

車の後部はほぼ透明になり、丸いガラスの上に小さなスポイラーバイザー、サイドライトの興味深い「星」、ナンバープレート用の小さなエンボス加工のレリーフ、下部に黒い保護インサートが付いたまともなボディキットが含まれています。


内側

新モデルイヤー内日産ノートクロスオーバー2022プラスチック、布地、合成皮革、磨かれたアルミニウムの仕上げ材など、特別な変更は予定されていません。一般的に、センターコンソールは、主に追加の空きスペースの出現により、運転手とすべての乗客の座席にとってもう少し便利になりました。


管理および管理機関

ノベルティのハンドルは日産スタイルで作られています。ミディアムサイズのリムは、ワイドサイドスポークの豊富なボタンによって補完され、ステアリング操作を非常に快適にします。ステアリングホイールのすぐ後ろには、さまざまな異なるパラメーターを表示するデジタルインストルメントパネルがあります。中央に近いのは、コマンドの大判タッチパッドと物理的な補助ボタンを備えたマルチメディアセンターです。その下には、空気ダクトの細い列、物理的なノブの列、そしてかなり古風な気候制御ユニットがあります。


中央のトンネルには、頭にスタイリッシュなギアセレクタースイッチが付いたテクノロジーパネル、オーガナイザー、内部に冷蔵コンパートメントが付いたアームレストがあります。

座席とトランク

車にはフルサイズのシートが5つあり、「平均以上」の肌色の大人でも比較的快適に座ることができます。各シートは、快適な形状、ミディアムソフトのフィリング、特徴的なブルーのステッチが施されたレザーレットの装飾が施されています。運転席と助手席には、暖房、拡張横方向サポート、位置調整用の機械式精密ドライブがあります。後部ソファに座っている人は、3人目の乗客がいなくても、背もたれの位置を簡単に変更したり、中央のアームレストをリクライニングしたりできます。

テストドライブが示したように、ラゲッジコンパートメントの容量は450から1000リットルの間で変化します。

技術特性

のシャーシ日産ノートクロスオーバー2022大幅に改善されましたが、残念ながら、これは車の最低地上高を印象的なものにしませんでした。出口でわずか145mmです。エンジンの特性も非常に平均的です。1.2リッターエンジンを搭載したハイブリッド発電所は、適度な82頭の「馬」を作り、発電機として機能します。前輪駆動バージョンの電気モーターは116の力を示し、全輪駆動ではさらに68頭の「馬」を頼りにすることができます。このバージョンのクリアランスは5mm多くなります。

新しいクロスオーバーの海上公試は、車が都市や高速道路の運転に最適であり、快適さと低エネルギー消費で所有者を喜ばせることを示しました。とは言うものの、四輪駆動のトリムレベルであっても、道路を引っ張るのは注意が必要です。

オプションと価格

各モデルの完全なセットが多数あるとは思わないでください。たとえ開始価格がかなり民主的であるとしても:およそ18,000ユーロ。

競争モデル

国内のラーダX線、起亜XCeed、シトロエンC3、ルノーサンデロステップウェイが日本人に最も近かった。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)