Renault Austral 2022:仕様、価格、リリース日

これは、ルノーブランドがスペイン、特にパレンシア工場で製造する新しい中型SUVの名前になります。それは今日の声明でひし形の署名を確認しました。

この新しいルノーオーストラル2022の代わりにもなりますルノーカジャーコンパクトSUVセグメントで現在販売されているSUV。この新しいルノーオーストラルは2022年春に発表され、少し遅れて発売されます。


この新しいルノーオーストラルは、ルノーグループの2021-2024産業計画が昨年3月に新大統領ルカデピスによって発表された後、ルノーがパレンシア工場に割り当てた車の1つでもあります。

さらに、この新しいルノーオーストラルSUVは3台の派生車を生産します。 1つ目は、カジャーに代わるこの4.51メートルの中型SUVです。


2つの新しいバリアントが後で登場します。そのうちの1つは7人乗りバージョンで、2番目のボディはクーペSUVになります。これらの3台の車はパレンシアで製造され、2022年にすべて発表される予定ですが、全範囲が少し遅れて到着する可能性があります(当初は2024年まで伸びると言われていました)。

ルノーオーストラルの登場により、ダイヤモンドのシグネチャーがルノーメガーヌのギャップを埋めます。これは間もなく廃止されます。その理由は、すでに100%電気である新しいルノーメガーヌは、ルノーが生産する電気自動車のフランスのポールで組み立てられなくなるためです。



このように、新しいオーストラルで、パレンシア工場は、100%電気バージョンはありませんが、電動バージョン(ハイブリッドとプラグイン)へのコミットメントを再確認します。

✓次のことも確認できます。


ルノーが保留していた5つの未知数の1つが明らかになると(7人乗りバージョンとルノーオーストラルに基づくクーペの名前を知る必要があります)。また、スペインにあるルノーグループの2番目の工場であるバリャドリッドに割り当てられた2つの新しいモデルを知る必要があります(3番目の工場、つまりカーディテーリング工場となるセビリアがあります)。

その意味で、バリャドリッドには新型SUV-B(シティSUV)とBプラス(シティクロスオーバータイプ)が期待されている。これらのうち、ルノー・日産・三菱同盟が欧州で自動車を製造することを決定した後、そのうちの1つは三菱である可能性があると最初にコメントされました。ルノーキャプチャーはすでにこの工場で製造されており、この第2世代キャプチャーの生産は2027年頃まで保証されています。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)