ルノーキャプチャーPHEV2023:仕様、価格、リリース日

フランスのウェブレポートによると、改装されたルノーキャプチャーは2023年の終わりに発表される予定です。ほとんどが改装(新しい化粧品)ですが、5Gを含む現在のテクノロジーに対応するためにインテリアが変更される場合があります。報告書によると、PHEVの他に、マイルドハイブリッドも利用可能になるという。


下書き

Auto Motoでの将来のキャプチャーのレンダリングでは、前面と背面が変更され、側面の機能がリムに変更されます。前面のレンダリングでは、新しいヘッドライトのセットと再設計されたDRLが表示され、バンパーに流れ込む滑らかなS字型が形成されます。グリルもスリムで、選択した間隔でLEDストリップが特徴で、ロゴに点線を形成し、ロゴ自体が照らされます。

バンパーは大きなエアダムとサイドベントでリフレッシュされます。リアバンパーもオフロードでの使用に適した外観に変更されています。テールライトは、現在のモデルと同様ですが、中央にルノーのロゴが照らされたストライプでリンクされています。

内側

報告書によると、特にルノーがすでにコックピットを近代化しているため、内部に小さな変更が加えられる予定です。ただし、インフォテインメント画面には、より多くの接続機能が表示され、5G接続が導入される可能性があります。ルノーはまた、キャプチャーの安全性評価を向上させるために、より自律的な機能をミックスに投入することができます。


✓次のことも確認できます。


ルノーキャプチャーPHEV

Auto-Motoは、2023キャプチャーの仕様についてはあまり語っていません。しかし、彼らは、ルノーがガソリンエンジンを12Vまたは48Vシステムのマイルドハイブリッドにアップグレードできることを示唆しています。


ルノーキャプチャーE-TechPHEVは、2つの電気モーターで補完された1.6リッターガソリンエンジンを搭載しています。組み合わせたエンジン出力は118kW / 160hpです。燃焼エンジンは144Nmのトルクを供給でき、電気モーターは205Nmを生成します。 PHEVは9.8kWhのバッテリーを搭載し、キャプチャーに最大50kmの全電気航続距離を提供します。ルノーのプレスリリースによると、これは定期的に充電されれば、ほとんどの都市の通勤に使用できます。そういえば、ルノーは、3時間で0から100パーセントまで車を充電できる家庭用ウォールボックスを顧客に提供しています。

価格と発売

再設計されたルノーキャプチャーPHEVは、2023年後半までに発表される予定はなく、Automotoのレポートによると、完全な発売は2024年初頭に予定されており、英国での発売は2024年に予定されています。レポートはまた、追加機能とわずかなインフレがキャプチャーの価格を押し上げる可能性があることを示唆しています。英国では、ルノーは2021年6月にキャプチャーアイコニックE-Techハイブリッド145オートバリアントを24,500ポンドで発売しました。 PHEVは、Iconic、S Edition、RSLineのトリムレベルで利用できます。




  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)