スズキジムニー2022:仕様、価格、発売日

人気のスズキジムニー2022は、試乗中に長いバージョンとして見られました。最新のSpyShotと更新された情報があります。

人気のスズキジムニーは、長い間商用車としてしか入手できませんでした。しかし今、スズキジムニーの長いホイールベース(LWB =ロングホイールベース)を備えたバージョンが発見されました。

スズキジムニーの長いバージョンは、象徴的な4×4車両のプロトタイプが試乗中に発見されたため、触れるのに十分近いようです。生産車両と同様に厳しい排出規制により、商用車としてのみ販売でき、約21,000ユーロから開始する必要があります。

スズキジムニー2022:仕様、価格、発売日

エクステリアデザイン

ホイールベースが長いスズキジムニーのこれらのプロトタイプは、コンパクトな4×4の製品版と比較して視覚的にあまり変化がないことを示唆しています。


フロントセクションはスロット付きラジエーターグリルとレトロなフェースを保持し、リアセクションはまだ低めのブレーキライトとサイドから開くことができるテールゲートのスペアタイヤを備えています。

本当の変化はホイールベースが長くなり、ボディが長くなることです。見た目はあまり変わっていませんが、リアウィンドウとルーフが長くなっているようです。この車は初期の試作品である可能性があります。スズキジムニーは、ヨーロッパでの排出ガス規制が厳しいため、商用車としてのみ入手可能であるため、ロングホイールベースバージョンはまさにそれです。つまり、前部に2つの座席があり、後部に大きな貨物スペースがあります。これが閉じたトランクとして設計されるのか、開いた荷積みエリアとして設計されるのかはまだわかりません…


✓次のことも確認できます。


ホイールベースが長いということは、このジムニーの後部のスペースも広いことを意味するので、生産車両よりも通常の作業車両としておそらく適しています。


ただし、AndroidAutoとAppleCarPlayをサポートするインフォテインメントシステムと、組み込みの衛星ナビゲーションシステムを含める必要があります。追加のアメニティは、エアコンと文字盤と計器の小さなディスプレイに限定されています。

スズキジムニー2022:仕様、価格、発売日

スズキジムニー2022インテリア

ロングホイールベースのスズキジムニーは、生産モデルと同じ1.5リッター自然吸気ガソリンエンジンを搭載しています。それは102馬力と130Nmのトルクを発生させ、それは5速マニュアルトランスミッションを介して4輪すべてに伝達されます。

もちろん、スズキはこれをより近代的なエンジン、おそらくSwiftに見られるマイルドハイブリッド1.0リッターエンジンの1つを導入する機会としてとらえる可能性があります。

スズキジムニー2022価格

スズキジムニーLWBについての公式コメントはまだありませんが、魅力的なコンパクト4×4の拡張バージョンが2021年に発表される可能性があります。その場合、2022年に販売を開始する予定です。

価格は生産車両より少し高くなるので、約21,000ユーロを費やす準備をしてください。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)