スズキS-クロス2022:仕様、価格、発売日

スズキS-クロス2022は、 2013年に建てられたSX4 Sクロスの後継です。頑丈なデザインと改良されたインテリアで、それはハイブリッドと4×4ドライブとしても来ます。コンパクトSUVのコンフォートとコンフォート+装備と価格についての情報があります。

スズキS-Crossは2022年に29,290ユーロで発売されます。「SX4」はまだ裏面に刻印されていますが、新版の正式名称からは追加されていません。外から見ると、新しい日本人ははるかに頑丈で丈夫に見えます。急勾配のラジエーターグリルには、クロームストリップとブランドロゴが飾られています。自動ヘッドライトレンジコントロールと統合されたLEDデイタイムランニングライトを備えたLEDヘッドライトは標準装備の一部です。


小さなルーフスポイラーと新しく形作られたテールライトを備えたモダンなデザインのリアも、より角張っているように見えます。アンダーランプロテクションは、取り外したリアエプロンにマークされています。インテリアを見ると、新版ではなく、大幅な改装の印象があります。タッチスクリーンの位置を除けば、ここではほとんど変更されていません。再設計されたインストルメントパネルは、7インチ、または上部のコンフォート+機器ではオプションで9インチの換気スロットの上にスクリーンを搭載しています。

次に、パノラマのスライド式ガラス屋根もその一部です。トランク容量は430リッターから1269リッターに変更はなく、スズキSクロス(2022年)の高さ4.5メートル、幅1.79メートルの寸法は同じです。



スズキS-クロス2022ハイブリッド

スズキS-Crossのボンネットの下で、SX4S-Crossで知られている129hpと48Vのマイルドハイブリッドサポートを備えた1.4リッター4気筒ターボが機能します。ガソリンエンジンは235ニュートンメートルのトルクを発生させ、6速マニュアルギアボックスを介して前輪に動力を伝達します。S-Crossは、オプションで4×4ドライブと6速オートマチックを備えたComfort +バージョンとして利用できます。

✓次のことも確認できます。


ドライバーはロータリーコントロールを使用して、オート、スポーツ、スノー、ロックのいずれかの運転モードを選択できます。ロックを使用すると、力は50:50の比率で両方の車軸にしっかりと伝達されます。スズキは2022年後半に、新開発の内燃機関、モータージェネレーターユニット、自動マニュアルトランスミッションを搭載したハイブリッド車としてS-Crossをレースに投入する。

メーカーはまだ純粋な電気レンジを発表していません。安全性と快適性の観点から、コンパクトSUVの新版は、アクティブブレーキサポート、ストップアンドゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、360度カメラ、車線逸脱警報システム、死角警報としての眠気アシスタント、交通を提供します標識認識および機器に応じて駐車アシスタント。スズキS-クロスは2022年の初めから順番に利用できることが期待されます。




  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)