スズキスイフト2022:仕様、価格、発売日

日本のベストカーからの報告によると、2016年12月にデビューした第4世代のスズキスイフトは、来年7月にアップグレードされたスズキスイフト2022に置き換えられます。

完全な再設計

日本の出版物は、より低いフード、より特徴的なグリル、コンパクトなLEDヘッドライト、なめらかなLEDフォグランプ、角張ったキャラクターライン、そしてより高いリアドアハンドルを特徴とする次世代のスズキスイフトの投機的なレンダリングを作成しました。それはよりクリーンであるがよりスポーティーな外観を持ち、よりシャープで攻撃的です。ヘッドライトは現在のデザインを修正したもので、上部が欠けているため、最終的なデザインではない可能性があります。このレンダリングは非公式ですが、現時点で利用可能な将来の車の視覚的表現はこれだけです。


改善されたHEARTECTプラットフォーム


スズキスイフト2022の基本は、安全性、取り扱い、快適性の点でわずかな改善が加えられた、同じHEARTECTプラットフォームである可能性があります。長さと幅には成長の余地がありますが、かなりのグラデーションと寸法がスズキバレーノに近づくでしょう。参考までに、現在の日本のスイフトスズキは、長さ3,845 / 3,855 mm、幅1,695 mm、高さ1,500 mm / 1,525mmです。ホイールベースは2,450mm。

スズキスイフト2022-完全なハイブリッドシステムはありませんか?

パワートレインの最前線での大きなニュースは、スズキが電化を後退させているということです、とベストカーは報告します。日本の同社は、Swiftの第3世代と第4世代でフルハイブリッドパワートレイン(車を「EV」モードで短距離で走行できる)を提供しましたが、新しい車でそのシステムを進化させる予定はありません。ただし、マイルドハイブリッドパワートレインは、現在の12ボルトのバッテリーの代わりに48ボルトのリチウムイオンバッテリーで利用できるようになることが提案されています。


✓次のことも確認できます。


より高度なマイルドハイブリッドシステムの新機能には、トルクフィル制御と電気モーターアイドルが含まれる可能性があります。ベースエンジンは1.2リッターの自然吸気エンジンになります。ベストカーからの最近の報告によると、統合スタータージェネレーター(ISG)は約13馬力の出力を開発します。


スズキスイフトスポーツ2023はマイルドハイブリッドとして継続します

スズキスイフトスポーツは、おそらく、マイルドハイブリッドとして次世代に継続response.jpからの報告を提案します。最大出力95kW(129 PS)、最大トルク253 Nmの48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載したK14D1.4リッターブースタージェットエンジンを継続し、10 kW(14 PS)および53NmのWA06Bエンジンでサポートされます。モーターは、車両が減速およびブレーキをかけているときに生成された電気エネルギーを蓄える48ボルトのリチウムイオンバッテリーからそのジュースを取得します。

次世代のスズキスイフトスポーツは、新しいスイフトがリリースされてから約1年後に店頭に並ぶ可能性があります。上記の2番目のベストカーレポートは、2023年5月頃に日本で発売される可能性があると述べています。

スズキの電化戦略

2021年2月、スズキは長期電化計画の最新情報を発表しました。スズキは「今後5年間はスズキが2025年以降も生き残るための集中的な開発の時期になるだろう」と語った。10年前半に次世代スズキハイブリッドシステムを開発・商品化する。新しいハイブリッドシステムでの市場投入は2025年に始まります。

電動化計画には、小型車、小型車、商用車向けのハイブリッドパワートレイン、プラグインハイブリッド(PHEV)の導入、およびハイブリッドシステムを搭載したモデルの拡張が含まれます。実施中のCO2排出量を削減するという彼らの計画では、2030年までに電化を完全に展開することが求められています。2030年以降、電動車両の割合が増加する。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)