スズキビターラ2022:スペック、価格、発売日

2021年に、スズキの将来のモデルを独占記事で論じたオーストリアのサイトDie Motorprofisによるレポートは、スズキビターラフルハイブリッドが2022年1月に到着することを示唆しました。また、10年後の2024年には次世代のスズキビターラが続くとのことで、パリモーターショーで現世代のコンパクトSUVがデビューした。


スズキビターラ2022フルハイブリッド

報告されているように、スズキビターラ2022フルハイブリッドは静かにヨーロッパに到着しました。オランダとポーランドは、スズキのハイブリッドSUVを最初に受け取った市場の1つです。スズキとトヨタの共同事業契約には、スズキモデル用の後者のハイブリッドシステム(トヨタハイブリッドシステム)の調達が含まれます。しかし、この場合、スズキは新しいパワートレインを開発したようです。

スズキビターラストロングハイブリッドとしても知られるHEVは、新しい1.5リッターMPI「K15C」自然吸気ガソリンエンジン、新しい電気モーター、新しいリチウムイオンバッテリーパックを使用しています。エンジンは、6,000rpmで75kW(102 hp)、4,400rpmで138Nmを供給します。電気モーターは、3.4 kWh(140 V、24 Ah)のリチウムイオンバッテリーパックに蓄えられたエネルギーから24.6kWと60Nmを生成します。ガソリンエンジンと電気モーターの合計出力は85kW(115 hp)です。

✓次のことも確認できます。


ビターラフルハイブリッドには6速オートマチックトランスミッションを標準装備、オプションでオールグリップ4WDシステムを採用。 2WD構成は最大18.9km / lの燃料消費を実現し、4WD構成は最大17.5 km / lの燃料消費を実現します。 CO2排出量はそれぞれ121g / kmと130g / kmです。


ビターラフルハイブリッドの牽引能力は1,200kgで、ビターラマイルドハイブリッドの牽引能力より300kg少ない。スズキはトラクションバッテリーパックをトランクに入れました。これにより、使用可能なスペースが362リッター(後部座席を上に)/ 642リッター(後部座席を下に)/ 1,119リッター(最大容量)から289リッター(後部座席を上に)/ 569リッター(後部座席を上に)/ 1,046リットル(最大。 音量)。


オランダでは、ビターラフルハイブリッドの価格は28,250ユーロから始まり、3月に配達が始まります。ポーランドでは、ビターラストロングハイブリッドの価格は107,500 PLN(23,646ユーロ)です。競争には、次のようなモデルが含まれますヒュンダイコナ日産ジューク、ルノーキャプチャー、プジョー2008、シトロエンC3エアクロスおよびVWT-Cross。

スズキビターラPHEVにて

Motorprofisのレポートによると、2024年に続く次世代のVitaraは、プラグインハイブリッドシステムで利用可能になるとのことです。この噂のプラグインハイブリッドシステムの詳細はまだ明らかにされていません。 K15Cエンジンをベースにしたフルハイブリッドシステムが次世代に再登場することを期待してください。PHEVは、電気モードでの長距離を備えた別の社内スズキパワートレインである可能性があります。


スズキ電化戦略

これまでの発表から、同社は10年前半に入る電気自動車について楽観的ではありません。中期計画(2021年4月〜2026年3月)に関する2021年2月24日の発表で、鈴木は概要を説明した。 COについて2排出量については、2025年までに電化技術を開発し、2025年から車両に搭載し、2030年から完全に量的に増加するとしている。以下のような研究開発に1兆円を投資することを約束しました。今後5年間で。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)