Toyota Alphard 2022:仕様、価格、発売日

次世代2022トヨタアルファードの発売は来年の後半に予定されています。

新しい報告によると、COVID-19のパンデミックと半導体の不足に加えて、トラクションバッテリーに関連する供給の問題がハイブリッドバンの発売を遅らせる可能性があります。トヨタは昨年、RAV4 Prime(RAV4 PHV / RAV4プラグインハイブリッド)を発売した際にも同じ問題に直面したため、一時的に新規受注を停止した。レポートが正確である場合、2022年後半まで新しいアルファードが発表されない可能性があります。


トヨタは来年、ヴェルファイアをアルファードファミリーに統合する予定です。別のヴェルファイアミニバンは存在しなくなり、代わりに新しいクラスと異なるスタイルのアルファードが登場すると、日本側は主張した。

トヨタ自動車は日本のMPVの製品ロードマップに関するガイダンスを提供しておらず、情報は非公式であることに注意してください。


Toyota Alphard 2022は新しいハイブリッドシステムを取得し、「高」TNGAプラットフォームで駆動します

次世代のトヨタアルファードは、TNGAプラットフォームのハイバージョンに基づいています。アグレッシブなフロントとリアのフェイシアで劇的なスタイリングを期待してください。アルファードは新世代のはしごを上に移動し、大胆なデザインを探しているヴェルファイアの顧客に対応する必要があります。

TNGAプラットフォームは、低重心を可能にし、安定性を高め、ボディロールを低減します。振動と騒音を最小限に抑え、スムーズな乗り心地を実現する油圧エンジンマウントが期待できます。 TNGAプラットフォームは、トヨタが第4世代のGR Sportバリアントをリリースする意欲を持っているところまで、機動性を向上させると言われています、と日本のレポートは述べています。


theトヨタアルファード2022ハイブリッドトヨタハリアー(トヨタベンザ)から派生した新しいフルハイブリッドシステムを使用し、トヨタRAV4ハイブリッドを借りました。このハイブリッドシステムは、2.5リッターガソリンエンジンと電気モーターを使用しています。そのエンジンは178hpと22.5kgm(221 Nm)のトルクを生成し、そのエンジンは120hpと20.6kgm(202 Nm)のトルクを生成します。

なぜトヨタはヴェルファイアを中止するのでしょうか?

ヴェルファイアは、アルファードがよりスタイリッシュでシックなコンパニオンとして2008年に第2世代に入って以来、トヨタの範囲に存在しています。日本はアルファードとトヨタヴェルファイアが通過する主要な市場ですtoyopet通信網–ディーラーが知られるようになりました。ここでアルファードはヴェルファイアの4倍の売り上げを上げています。


✓次のことも確認できます。


2020年、トヨタは日本で90,748台のアルファードを納入し、平均して月間7,500台となり、このセグメントで最も売れている車になりました。ヴェルファイアの通年の販売データはありませんが、1月から8月までの平均月間販売台数はわずか1,652台でした。トヨタは車両ラインナップを削減しており、機能しない個人のアイデンティティを持つ同じモデルを廃止する予定です。それらの1つはVellfireであり、bestcarwebが報告しました。

今年の初め、アルファードは月に10,000台以上のレートで販売されていました。しかし、月間販売台数は4月に7,576台、5月に5,947台と急減しましたが、それはバブルが崩壊したことを意味するものではありません。実際、5月にマイナーなモデル変更があり(以下を参照)、トヨタのディーラーはゴールデンウィーク中に休憩しました。 MY2021アップデートは、今年の下半期に再び売り上げを伸ばすはずです。

トヨタは2021アルファードと2021ヴェルファイアを発売

現世代のトヨタアルファードとトヨタヴェルファイアは、今年初めに日本市場でMY2021のわずかな更新を受けました。これは第3世代アルファードの最後のアップデートであると考えられていますが、これは生産が終了する前のヴェルファイアの最後のアップデートである可能性があります。更新されたミニバンは5月10日に発売されました。以下は、MY2021アップデートでトヨタによって導入された変更です。

  • ワンタッチスイッチと付属のコンセントを備えた電動引き戸は、両方のモデルに標準装備されています。
  • アルファードのエグゼクティブラウンジとエグゼクティブラウンジSの助手席にある折りたたみ式ヘッドレストは、後部座席の視認性を向上させるためにトリムされています。
  • ヴェルファイアゴールデンアイズIIは42,40,000円〜50,88,400円(38,798〜46,561米ドル)から。
  • アルファードタイプゴールドII(ヴェルファイアSベース)スペシャルエディションモデル。サンバーストゴールドの木目調仕上げとゴールドの裏地が42,40,000〜50,88,400円(38,798〜46,561米ドル)。
  • 一部のアルファード構成は廃止されました(G 2.5ガソリン、G 2.5ハイブリッド、S 2.5ハイブリッド、SR 2.5ハイブリッド)。
  • すべてのVellfire構成は廃止されました(Vellfireは現在、Golden Eyes IIの特別版モデルとしてのみ利用可能です)。
  • 一部のアルファードカラーは廃止されました(ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイングラスフレーク&スチールブロンドメタリック)。
  • 選択したヴェルファイアカラーは提供されなくなりました(スパークリングブラックパールクリスタルシャインとバーニングブラッククリスタルシャイン)。


  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 stimme, im mittleren: 5 von 5)