フォルクスワーゲンティグアンオールスペース2022:仕様、価格、発売日

2のフォルクスワーゲンティグアンクロスオーバー。同じモデルが米国では単にティグアンと呼ばれているのは事実であり、そこではヨーロッパのショーと同時にノベルティの初演が行われました。


下書き

通常のティグアンと同様に、その兄弟のオールスペースは最初から大きく変化しました。ここでは、新しいLEDヘッドライトと、ブランドロゴの両側に光円錐が付いた変更されたグリルが紹介されました。ロングクロスオーバーのバンパーは元の構成になっています。IQ.Lightマトリックス光学系は、モデルのヨーロッパバージョンでのみ使用できます。この照明技術は、米国ではまだ禁止されています。

後部から、新しいフォルクスワーゲンは、新しいヘッドライトグラフィック、連続リフレクターストリップ、人工排気管、テールゲートの中央にある「ティグアン」の文字で認識できます。オリックスホワイトとキングスレッドメタリックの2つのフレッシュな色合いを含む8つのエクステリアカラーがアメリカ向けに発表されました。再設計の過程で、17〜20インチのリムの範囲も改訂されました。

✓次のことも確認できます。


装置

キャビンには、新しい気候センサーシステムと、R-Lineバージョンのタッチボタンを備えた追加のステアリングホイールがあります。ロングティグアンには、標準で8インチのデジタル機器と、追加料金で10インチの仮想コックピットプロパネルが装備されています。10.25インチのディスプレイを備えたMIB3マルチメディアシステムは、モデルの最上位バージョン用に予約されています。


クロスオーバーは、AppleCarPlayおよびAndroidAutoプロトコル、15色のバックライト、前部座席の換気、および一流の音響(米国のフェンダーおよびヨーロッパのハーマンカードン)を使用したワイヤレス接続のサポートを提供します。電子アシスタントには、ステアリングホイール、加速、ブレーキを時速210kmまで制御する半自動のトラベルアシスト駆動システムが含まれています。この準自動操縦は、基本的にアダプティブクルーズコントロール(ACC)とレーンアシストの機能を組み合わせたものです。


European Allspaceは、7人乗りでご利用いただけます。3列のシートを備えた車は、2列目から700リットル、1列目から1755リットル遅れています。元の5人乗り構成では、基本的なトランク容量は760リットルで、最大は1920リットルです。

技術データフォルクスワーゲンティグアンオールスペース2022

アメリカとヨーロッパの長いティグアンのエンジン範囲は異なります。米国では、出力186hpの2.0TSIEA888シリーズエンジンのみが用意されています。および300Nm。このユニットは、クラシックな8速オートマチックおよび4Motion全輪駆動と組み合わされています。Allspaceは、ヨーロッパ市場ではるかに広範なモーターを使用する予定です。エンジン1.5TSI(150 PS)、2.0 TSI(190 PS)、2.0 TSI(245 PS)、2.0 TDI(150 PS)、2.0 TDI(200 PS)…トランスミッション-6速マニュアルトランスミッションと「ロボット”7DSG、ドライブ-フロントまたはフル。


フォルクスワーゲンティグアンオールスペース2022のリリース日と価格

アメリカと旧世界向けの自動車は、メキシコの同じ工場で生産されています。販売開始は2021年の第3四半期に予定されており、価格と構成は後日続きます。



  1. 5
  2. 4
  3. 3
  4. 2
  5. 1
(1 声, 平均: 5 に 5)